義母の遺品の着物を買取処分いたしました

着物の処分に関してですが、実は私事になりますが私の義母が亡くなったときの話になります。 義母はかっては日本舞踊の師匠をしていた関係も有って、多くの着物を所持していました。

 

其の義母の亡くなった際の遺品などを整理していたときに気が付いたのですが、実は、母が仕事や趣味で着用していた和服や着物の類が多くの枚数が残っている事に気が付いたのです。 そして、勿論、此れ等の残された着物類の他にも着物に付随した帯や帯締め、其れに着物下着とされるスリップや足袋類などの小物などもありました。

 

 

本来なら私自身が遺品として戴いても宜しいのですが、余りに体形が違いすぎる事と、娘たちも同様で何より娘たちは着る機会が無いといって受け取ろうとはしません。 又、仕立てをしなおすと着物を買うぐらいの値段になってしまうのです。 従って、チョット心残りではありますが処分する事にしたのです。、

 

処分する際には街に出ると衣類関係のリサイクルシ・ョップなどもありましたが、聞くところによると二足三文にしかならないともいわれてしまいました。 其処で娘たちに聞いてネットサイトで調べてみると、確かに着物専門高価買取店として着物のリサイクル店があったのです。

 

結局はネットによる買取専門店で処分する事にしたのです。 そして、予約した日に担当者がやって来ましたが、着物そのものは20数着あったのですが、材質的には高級品というより正絹やポリエス、其れに木綿など普通の品物と判定されたのです。

 

中には受け取れないものもありましたが、一括買取ということで正絹物だけに値段が付いたようで、全部で4万円少々と言う値段になりました。 正直、値段の多少は少しもわかりませんので、係員の良心的なところを信じたと言う事でした。